DEVELOPMENT

商品開発

地方自治体・事業者様へ、
こんなお悩みがありませんか?

私たちは、このようなお悩みを
解決するお手伝いをします。

開発領域・主なテーマ

開発領域・主なテーマ

商品・サービスを通じて優れた研究成果を生活者に届ける

医学研究者は日々、新旧の医学コンセプトの検討や改良、各種治療・検査手法の開発のみならず、民間療法の効果検証等、面白くて優れた研究発表を行っています。残念なことに、これらの大分部分は研究発表会のみで共有され、一般の生活者に日の目を浴びることはありません。これらの知見を活かす素材などを用いた製品開発を行うことは生活者と研究者双方にとって有意義です。
私たちは、医学研究の中で、特に一般的な医学・生理学の知見、臨床検査技術、民間療法に関する医学研究や諸論文に着目し、これらの知見を自社の研究のみならず、広く情報収集し、またそれぞれの専門家と協業することで、研究者、(材を提供する)商品サービス提供者、サービス受益者3者が、win-win-winになる商品開発を目指しています。

現在開発中の協業事例

技術主任より

Our Resercher’s Message

優れた技術、研究成果をいち早く生活者の元へ

京都大学医学研究科人間健康科学系専攻 修士 加藤木 健 技術主任

大切な思いが込められた素材であるからこそ、「プロセス」ではなく、消費者の皆さまの課題を解決する「結果」の製品づくりに拘りたい。

私がこの業界に飛び込んで驚いたのは、化粧品の機能性表示に関する厳しい制約により、かえって当たり障りのない言葉や華美なイメージが氾濫し、安全性などの必要不可欠な情報に、消費者の皆さまがアクセスできないでいる様子でした。このような状況では、消費者が確かな効果を化粧品に求める反面、何となく安全そうな天然素材に拘るのは当然の成り行きであると言えます。

当社では口コミがネットで広く拡散する時代であるからこそ、使っていただいた皆様が実感できる「結果」は何よりもの広告だと考えています。

確かなエビデンスが必要な医療との境界が曖昧な領域であっても、課題解決にフォーカスし、使ってみればその「解決策の効果」がはっきりわかることを目標として、日々製品開発を実施しています。
また、情報開示や広告表示もこの製品作りの一環として考え、お客様が適切に使ってもらう為に、華美なイメージや文句を控え、使用環境を想定してもらいやすくする為のイメージや使用素材や組成に関しての各種情報の根拠をわかりやすく公開していく方針です。

京都大学医学研究科人間健康科学系専攻 修士
日本ウイルス学会、オペレーションリサーチ学会、人工知能学会、応用数理学会会員
加藤木 健 技術主任

商品開発のご相談

事業者様、自治体様、研究機関の皆さま

素材や特産品、アイデア等をお持ちで、事業化・権利化をご検討の際は、是非当社にご相談ください。

商品開発に関して問い合せる